VoIPでアマチュア無線の活性化を!

むつかしい話はしません!

なにせ、私(JA4VNE) 自身が難しいことはわからないからです。(Hi)

でも、ちょっとでも興味があるアマチュア局への後押し、あるいは興味がなかった局が
なんらかの興味(関心)を示してもらえたらうれしいです。


VoIP無線のひとつ、WIRES-X のシステム概念

 ▲ 八重洲無線株式会社/WIRES-Xから


☆VoIP・・・なんて読むのか? 

こんなことから悩み始めたのが、私のVoIP無線のはじまりでした。

ウィキペディアによると、
Voice over Internet Protocol(ボイス オーバー インターネット プロトコル、
VoIP(ボイップ))とは・・とあるので、私はしばらく「ボイップ」とよんでいましたが、
どうやら「ヴィオーアイピー」が普通の呼び方のようです。


さて、そのVoIPでなにができるかというと・・・


簡単に言えば、直接届かないアマチュア局Aの電波と、アマチュア局Bの電波の
間をインターネット回線で経由させて、いとも簡単に交信をさせてしまうというもの。

あなたは、今お手持ちの無線機を 430.98MHz(山口市内の場合)に合わせて送信
するだけでOK!DTMFとTONEの設定方法を覚えておくと、さらに便利につかえます。


山口県山口、防府、宇部、岩国市周東周辺と、
広島県福山市 周辺にお住まいの各局へ


山口ラグチューROOMでは、接続各局の協力で、山口市中心部、山口市小郡周辺、防府市、
宇部市、岩国市周東町・周南市熊毛、そして広島県福山市・岡山県井原市周辺をカバーし、
常時交信が可能(深夜は除く)となるVoIPアマチュア無線ネットワークを構築しています。


☆VoIP無線なら、まずここを聞いてみてください。

山口市内  430.98MHz

防府市内  430.76MHz


・宇部市内  430.88MHz

・岩国市周東 430.98MHz

・福山市神辺 430.84MHz (TONE 100Hz必要)


▼上記を含む、次のノード局(中継局)が山口ラグチューROOMに常時接続中です




これらのノード局の周波数は、

異なる2通りのVoIP無線システムに常時接続されています。
これをゲートウェイ局といいます。

詳しいことは省きますが、このゲートウェイ局により、EchoLink⇔WiRESを経由して、
日本中はもちろん世界中との交信が可能となりました。

たまに海外の局からも声がかかります。
FM音源ではっきりと、しかも強力に聞こえますので、語学力を試すには絶好の
アイテムですよ!
(ノイズやフェージングのせいにして逃げられませんけど・・・Hi)


さらに、

・山口市内  144.52MHz (DSQ-007必要)


では、今 話題のデジタル・モード C4FM でのアクセスが可能です。







☆VoIP無線はどなたでも、自由につかえます!


一部のグループだけで、貴重なアマチュア無線の周波数を独占することは、
決して許されるものではありません。

私たちが管理しているVoIP無線システムは、免許を得たアマチュア局で
あればどなたでもご自由につかえます。
バンド防衛のためにも、より多くのアマチュア局のアクセスを歓迎しています。



私たち、山口ラグチューROOMは、
VoIPでアマチュア無線の活性化を図りたいと考えております








☆以下、ROOMオーナー JR4HJP局 (記


山口ラグチューROOMは、アマチュア無線局であれば誰でも利用
可能なインターネットアマチュア無線局のオーナーやユーザーが
集まっています。

山口県外からの接続もお待ちしています。

タヌキワッチも歓迎しますが、お声がけいただければ幸せます。


WiRES-II 山口ラグチューROOM #0339D
WIRES-X 山口ラグチューROOM 20339
EchoLink JR4HJP-L 481234 (山口ラグチューROOMにLINK)


☆430.98MHzへアクセス!








データ改編: 2015年11月2日



山口ラグチューROOM 広報】

===================================
        DE: JA4VNE
===================================


TOP



山口ラグチューROOM 広報】